ダイエットzoo > コンビニをダイエットにうまく利用する裏ワザ その①

「アラカルトメニュー」ならダイエット向き

コンビニというと、揚げ物いっぱいのお弁当というイメージがありますが、最近では野菜の煮付けやひじきなど、低カロリーの惣菜が豊富に揃っています。コンビニで食べ物を買い込むときには、それらの低カロリー食品を組み合わせて「アラカルトメニュー」をつくるといいでしょう。
その際に注意しておきたいのが、パッケージに記載されているカロリー表示です。カロリーの他、使用している食材や調味料、たんぱく質、脂質、炭水化物、ナトリウム量も載っていますので、それらの表示を見ながら買いましょう。

メニュー例としては、おにぎり一個(男性は二個)、炭火焼き鳥、サラダ、カップ味噌汁くらいが目安です。これらを買ってきて器にきれいに盛り直してみると、まるで手作りのような献立に見え、見た目の満足感もアップします。

”分割”すればカップラーメンを食べてもよい

空腹が我慢できないとき、「ちょっとだけ食べたい」とカップラーメンの封を切る人もいるでしょう。しかしサイズの大きなカップラーメンだと、満腹感を感じてももったいないからと最後まで食べきってしまうことになります。そうならないように、満腹だと感じたらそこで止めておきたいもの。
そこで、カップラーメンはお腹の減り具合に合わせて自分で量を調節しましょう。

まず、麺も粉末スープも半分ずつに分け、それをどんぶりに移し替えます。このときに、添付されている液状スープがある場合はその油は捨ててしまいましょう。量や具の少なさは、ネギやワケギ、レンジで温めたもやしなどを加えてカバーします。野菜を加えると噛みごたえが増しますので、少量で満足できるのです。
もちろん、ラーメンのスープを全て飲みきってはいけません。ラーメンのスープには塩分や脂質がたっぷり溶け込んでいますから、飲みきると摂取カロリーがぐんと増えてしまいます。
余った半分のラーメンは、捨ててしまうか別の機会に食べるようにします。こうすることで、ダイエット中でもカロリーを気にせずにカップラーメンを食べることができます。

ダイエットzooコンテンツ一覧