ダイエットzoo > 手間暇かけずにスリムになるファッション術 その①

紺×白のボーダーで簡単に着痩せ

一般に柄物の洋服は太って見えると思われていますが、これに当てはまらないのがボーダー(横縞の柄)です。ボーダーには目の錯覚を招いて幅を細く見せる効果があります。中でも、紺×白のボーダーは着痩せ効果が抜群。
引き締め効果の高い寒色系の紺色とボーダーの相乗効果で、グッとスリムに見せられるので是非取り入れましょう。

ただし、最も痩せて見えるのは幅が15ミリくらいの細いボーダーです。これ以上太くなると見た目に圧迫感が生じ逆効果になりますので、気をつけましょう。

寒色系の色を取り入れるだけで細く見える

着こなし上手、オシャレ上手な人は、自分が好きな色とは別に自分に似合う色や自分をキレイに見せてくれる色をよく知っていて、積極的にコーディネートに入れているものです。ダイエット中の人なら「自分をいかに細く見せるか」がテーマ。それには、まず色の持つ性質を知っておきましょう。

色はピンク、赤、黄色などの「暖色系」と、緑、青、紫などの「寒色系」とに分けられますが、暖色系は「膨張色」といわれ、実際よりもふくらんで見える性質を持っています。この性質は明度や彩度が高くなるにつれて、更に強調されます。
一方寒色系は「収縮色」といわれ、収縮して見えるという性質があります。こちらは明度や彩度が低くなるにつれて、更に強調されます。

ですから太めの人にピッタリなのは、収縮して見える寒色系。中でも彩度や明度の低い濃いブルーや紫、緑、黒などは着痩せ効果が最も期待できます。これらの色を毎日のコーディネートに上手に取り入れましょう。

, ,
ダイエットzooコンテンツ一覧