ダイエットzoo > 手間暇かけずにスリムになるファッション術 その②

なぜか引き締まって見えるコーディネートとは

少々ぽっちゃりめの人でも、全身のプロポーションのバランスが取れていると、なぜかスリムに見えるものです。これはファッションにも同じことが言えます。
上下の柄のバランスがいい、色彩のバランスがいいなど、バランスがとれている服装をすればよりスマートに見せられるのです。

痩せて見せる着こなしのポイントは「シンプル」。上着がピンクでインナーは黄色、パンツは緑、靴は赤など、ごちゃごちゃした色合いは太って見える元です。同系色でスッキリまとめるのが細く見せるコツです。
もう一つ注意したいのが柄物のコーディネート。太った人はただでさえどっしりとした印象がありますので、ボトムに柄物を持ってくると余計に圧迫感が増してしまいます。柄物はトップに持ってきて、人の視線が上半身に集まるように工夫しましょう。そして下半身に着痩せ色の紺や黒を持ってくれば、スリムに見せることができます。

二の腕が一回りほっそり見える着こなしワザ

二の腕の太さを気にして「ノースリーブは絶対に着ない」と誓っている人もいるでしょうが、それではファッションの楽しみは半減してしまいます。ちょっとくらい太くても、思いきって出してしまう方がダイエットの励みにもなります。

その際、二の腕を少しでも細く見せるには、胸を大きく見せる着こなしをすることです。バストが大きいと、その対比で腕が一回りほっそり見えます。
バストが小さい人は、バストサイズがアップするパッド入りのブラジャーをつけてみましょう。二の腕の太さが目立たなくなるはずです。

, ,
ダイエットzooコンテンツ一覧