ダイエットzoo > 手間暇かけずにスリムになるファッション術 その③

華奢な脚を演出する靴の選び方

見た目のボリュームが大きい靴を履くと、脚がたくましく太く見えやすいです。例えばサンダルなら、足首やかかとについているストラップの幅が太いと、目の錯覚で脚そのものまで太く見えてしまいます。
この法則からいうと、脚を細く見せるには華奢なデザインの靴を選べばいいということになります。かかとが太いパンプスよりは細めのもの、横幅の広い靴よりも狭いものの方がほっそり見せられます。

そして、もう一つ気を使いたいのが甲の部分のデザインで、爪先から甲にかけてのラインが斜めになっているものを選ぶといいです。
甲が斜めになっている靴には、足の甲を縦長に見せる効果があり、その分足首からひざ下にかけてのラインをほっそり見せられるのです。

履くだけで美脚になれる「フレンチヒール」

履くだけで脚を美しくしてくれるのが、ヒールのある靴です。かかとがフラットな靴を履いているときは太く見えていた足首やふくらはぎも、ヒールを履くと筋肉がキュッと持ち上がり美脚に変身できます。

ただし、10センチもあるハイヒールや、極端に爪先のとがったパンプスはお薦めできません。かかとから着地して爪先で蹴り上げるという正しい歩き方ができなくなり、足の健康が害され反母趾の原因になりかねないからです。
日本人のひざ下の長さから見て、最も美脚効果が高いと言われるのは高さが6~7センチの「フレンチヒール」です。適度な高さがふくらはぎやひざの引き締め効果につながり、細いヒールの曲線が脚を華奢に見せてくれますので、お薦めです。

,
ダイエットzooコンテンツ一覧