ダイエットzoo > 下着・ストッキングで美しくなるワザ その②

黒いストッキングは本当に細く見える?

着痩せ効果を狙って、安易に黒ストッキングを常用していませんか?確かに黒という色には実際よりも小さく細く見せる効果があります。ただし、脚の形によってはそれが裏目に出て、脚の形の欠点を際立ててしまいかねません。

黒ストッキングでほっそり効果が得られるのは、足首から太ももにかけてのメリハリがないまっすぐな足の人です。このタイプの脚の人が黒ストッキングを履くと、全体的にスッキリと引き締まって、脚のラインをキレイに見せられます。
一方足首は細いのにふくらはぎが張っていたり、O脚やX脚など骨にゆがみのあるタイプの人は、黒ストッキングは避けたほうがよいでしょう。黒は強調色なので、細い足首は更に細く、太いふくらはぎは更に太く見えて、バランスの悪いプロポーションに見えてしまいます。

レッグラインに自信のない人は、自分の肌色よりも少し濃いめの肌色のストッキングを履くと、脚のラインを細く見せることができます。

二段腹・垂れ尻を防ぐショーツ選び

本当のヒップサイズに合わせると、とんでもないデカパンになってしまう―それは恥ずかしいから、ショーツはサイズより少し小さめを選んでいる。
こんな間違った下着選びが、更にヒップを大きくする原因になります。
下着は、寝ている間もほとんどの人がつけて生活しているものです。その分体に与える影響は大きく、体に合わない小さな下着をつけ続けると、収まりきれない肉がはみ出して徐々にプロポーションを崩してしまうことになります。

そこで正しい下着選びのコツですが、まずウエストの位置まできっちり上がるタイプを選ぶことです。ウエストラインが低いショーツは、二段腹をつくる原因になります。また、お尻の丸みをつぶさないように、立体裁断になっているものを選ぶのもポイントです。
特にダイエット中は体のサイズが変化しやすいので、三ヶ月に一度は専門店でサイズをきちんと測ってもらいましょう。

, ,
ダイエットzooコンテンツ一覧