ダイエットzoo > ”写真美人”になれるモデル直伝のテクニック

斜め撮りで”小顔美人”に見せる

記念撮影をするときに、顔の大きさを気にしている人は後ろのほうに立って少しでも小顔に写ろうとしますが、これはあまり意味がありません。それよりは、小顔の人の隣を避けたほうがいいでしょう。

では最も小顔に写る方法はというと、左右どちらかの端に立って、顔をやや斜めに向けて写ることです。このときに左右のどちらに立つかも重要なポイント。「右側の顔は目が一重だから気に入らない」「左側はほくろがあるから嫌だ」といった好みがある人は、自分の好きなほうの斜め顔が写るように場所を選びましょう。
ただし一般的には、女性の多くは左側の顔のほうが美しく見えるといわれます。「左右どちらでもいい」という人は、とりあえず左側が多く写るように顔を少し右に傾けてみましょう。

脚を細く長く見せる立ちポーズとは

後々まで残る記念撮影は、少しでもスリムに写っておきたいものです。そう考えてお腹を引っ込めたり姿勢をよくしたりと、人それぞれに工夫していることでしょう。
ところが、自分なりに工夫しているつもりでもいつも太って写ってしまう人は、脚のポーズに気をつけてみましょう。お行儀よく写ろうとして、ひざ同士をぴったりとくっつけたり、爪先を正面に向けて揃えたりしていませんか。これは脚を太く見せてしまうポーズです。

脚を細く見せるには、片方の脚を少しだけ前に出したり、開いた脚の片側を軽く流すようなポーズがいいです。このとき、前に出す脚や横に流したほうの脚の甲を伸ばし、かかとを軽く上げる感じにするのが、モデルも使っている脚を細く見せるコツです。
モデルをお手本にしながら、自分の一番細く見えるポーズを研究してみましょう。

二の腕を簡単に細く見せるコツ

たくましい二の腕の持ち主でも、即効で細く見せてしまうポーズがあります。それは、ともかく腕を体から離してしまうことです。たったこれだけで、腕を一回りは細く見せることができます。

腕を両脇にぴったりとつけると、二の腕の後ろの肉が盛り上がってたくましく見えますが、腕を脇からすっと離すと、この肉の盛り上がりが消えてしまいます。
これを応用して、写真に写るときにはウエストに軽く手を添えるようにしましょう。二の腕が脇から離れる上に、ウエストをマークすると細く見えます。ひじを曲げた状態で、おへその下あたりで軽く両手を合わせるのもよいでしょう。

,
ダイエットzooコンテンツ一覧