ダイエットzoo > 上手な休息法でリフレッシュ その②

サプリメントで疲労をとる

毎日バランスのいい食事をとることは、疲れをとるための基本中の基本です。そこにサプリメントを取り入れれば、栄養素を効率的にとって、素早い疲労回復が期待できます。
種類が豊富にある中で、効果があるのは主に次の五種類です。

・疲労回復の代表的ビタミンは、ビタミンB群。疲れの原因となる乳酸を代謝させます。食後にとると効果的です。
・神経の疲れをとるカルシウムは、ビタミンB群と同様、水溶性なので即効性も期待できます。
・目の疲れに効くビタミンAは脂溶性なので、過剰摂取に気をつけましょう。
・ダイエット効果もあるというビール酵母は、ビタミンB群や食物繊維を配合したものなので、疲れ気味の人にお薦めです。
・各種ビタミンをバランスよく配合したマルチビタミンは、疲れ全般に効果があります。

病院に行くなら心療内科

ダルさがとれない、体調がずっと優れないというときは、病院の内科にいくより、心と体の両方を診てくれる心療内科に行ってみるのも手です。
ただ、そこまでこじらせる前に、普段から脳を上手に休ませるように心がけることも大切です。現代人の慢性疲労は、脳の疲れが原因というケースが多いのです。テレビやパソコンから流れてくる多くの情報にあえて触れないことも、脳を休ませるための方法の一つです。

体の活動を高める交感神経と、活動を緩める副交感神経のスイッチが上手に切り替わるのには、最低2時間はかかります。その間は、目から入ってくる文字や画像などの刺激は遮断してしまいましょう。
こうしてストレスをためないことが、ダイエットを成功させるコツにもなります。

ダイエットzooコンテンツ一覧